ブログトップ

王様の耳はロバの耳

キレキレ違い? (追記あり) 最終回 * パート16

いろいろあって、青息吐息な私です。 (>_<)

ようやく立ち読みできた「Look at Star」
「東京DOGS」脚本家の福田さんのコラム、笑っちゃいました。

打ち上げで、旬くんは技術などの裏方さんをねぎらって
男らしくガバガバ飲んでたそうです。

そして、二次会で登場した旬くんのバースデーケーキに、
お辞儀をしながら顔をつっこむというパフォーマンスも! (^o^)

福田さん曰く、
主演俳優が、共演者よりも裏方さんと飲み交わすというのは
できそうで、なかなかできないことだと。

そして、顔中にクリームをつけた笑顔も良かったと。

「半年間、小栗旬に命を捧げてきて良かった」
というような言葉を言ってくれていました。 (*^_^*)

是非またいつか、命を捧げてくださいね〜! 

さて、ここに来る皆様はきっともうご存知のネタですが、
一応「踊る」ネタバレを見たくない方は、以下スルーしてくださいませ。 <(_ _)>

f0153101_2251641.jpg


和久さんの甥っ子でないのなら、キレキレの犯人役を見たい・・
と思っていましたが、

どうやら、キレキレ違いの可能性が高まってきましたね。

マネブログで「今日も撮影」と書かれた27日も、
苺さんが「小栗旬、カッコいい〜!!」と崩壊していた29日も、

「踊る」は大勢のエキを入れての、捜査会議の室内撮影でしたよね。

それ以前の目撃情報でも、
旬くんはスーツを着ていたらしいですし、

とすると、犯人役ではなく、
何人かの皆様が予想されていた、「本店の部下」役??

高倉奏くんに続いて、
また「キレキレのエリート刑事」役でしょうか。 (*^_^*)

それとも、本店から派遣されけどヘタレとか(でもそれじゃ真下とかぶるし)、
本店の人間だけど、実はラスボスで犯人とか??? (^o^)

なんであれ、またあの美しいスーツ姿が拝めるのなら、嬉しいです!

そして、長年、いろいろな旬くんを見慣れてきた苺さんが、
あれほど崩壊・絶賛してしまうほどのカッコ良さって・・どんだけ??

こうして撮影中の様子が毎日、HPでスタッフから語られるのは、
「踊る」ならではの企画らしいですが、

そうすると、以前スタッフが語っていた、
「室井さんとニューキャラの、二人の並びもカッコいい!」

みたいな感想は、旬くんのことだったのかも??
とか、空想が止まりません。 (^_^)

映画が完成してから、
あ〜、このシーンのことだったのか・・って、

予想が当たってても、はずれてても、面白いです。
(でも、私の勝手な妄想なので、悪しからず・・。)

さてさて、そんなキレ者だったはずの奏くんも、神野を逮捕したら、
すっかり天然・高倉家らしい笑顔になりましたね〜。 (^o^)

<追記>

f0153101_2315936.jpg


いつも眉間にシワをよせていた奏くんが、
別人のように穏やかな顔になって・・。

「実は惚れてた」っていう舞島さんの告白(?)にも、
笑顔で応えてるし。

本当に、雰囲気がガラリと変わったのが、
上手いなぁ〜と思って見ていました。

f0153101_23162270.jpg


益子さんにハグされて、痛そうなヘタレ顔もかわいいし。 (*^_^*)

あ、でもこの時、
「○○をうつされたの、忘れねーぞ!」っていう
益子さんのセリフが聞き取れなかったんですが、

何て言っていたのか、教えていただけたら嬉しいです!

こういう奏くんの表情を見ていると、神野のことがなかったら、
奏くんはママに似て天然の、ゆるキャラだったのかな〜?? なんて。 (^o^)

だとすると、NYに戻っても、
神野という目標を失って、由岐ともマルオとも別れてしまって、

腑抜けのようになっちゃうんじゃないでしょうか。

そして、何にも打ち込めずに悶々としているとき、
優しく近づいてきた美しい女性にメロメロになりかかり、

そんなところへマルオが遊びに来て、一緒に事件に巻き込まれ、
実はその女性がラスボスだった・・

なんていうSP版、
お相手は松嶋菜々子さんとかで、お願いできませんか〜? (^o^)

f0153101_23294152.jpg


だって、「良かったじゃん、戻れて。」というマルオの言葉に、
ハッとして哀しげな表情を見せる、奏くん。 (T_T)

どっちかっていうと、マルオの方が早くから
いずれは別れる相手と納得してる感じで、

奏くんの方が、いざそうなったら、
ショックを受けてる感じですよね〜。

・・というわけで、
またまた脱線・妄想編で〜す。

f0153101_2335035.jpg


ここはビッグサイト空港。(ロケ地です。(^_^;))

奏  「マルオ、由岐・・。 
    もういいよ、見送りはここで勘弁してくれ・・。」

マルオ「何でだよ。 せめてゲートまで、見送らせてくれよ。」

f0153101_2338142.jpg


奏  「いや、その理由は、俺の口からは・・」

マルオ(センセーも、由岐ちゃんに想いを告げられないんだな・・。)

名残惜しむかのように、立ち尽くす奏。

遠く離ればなれになって、もう二度と会えないかもしれないのに、
本当の気持ちを口に出すことができません。

f0153101_23412244.jpg


奏  「もういいよ。 俺は行く。 
    二人とも元気でな。」

マルオ「センセー、いいのかよ、それでっ!
    好きなら好きって、ちゃんと言ってけよ!!」

f0153101_23444919.jpg


けれど奏は、くるりと踵を返すと、
振り向きもせずに歩き始めます。

奏  (いいんだ、これで。
    俺の気持ちを伝えたって、困るだけだから・・。)

マルオ「いいのか、由岐ちゃん、このまま行かせて?!
    センセーを追いかけろよ!」

マルオに背中を押されて、
とうとう由岐も、奏への想いを胸に追いかけて・・

抱きつこうとした、その時。

由岐 「奏! あたし・・」

f0153101_23482546.jpg


奏  「てやーっ!」

由岐 「投げられた・・、女の子なのに・・。」

f0153101_23501583.jpg


奏  「女だからだっ!
    俺は、男が好きだと言ったろう!!」

マルオ・由岐 「!!!」

f0153101_23505471.jpg


奏  「・・というわけだ。
    マルオ、それで良かったら、NYに遊びに来いよな。」

マルオ「えぇぇ〜っ!?
    やっぱりセンセー、そーゆー人だったわけ!?」

驚く二人を残して、
想いを告げてスッキリした奏くんは、

心おきなく機上の人となったのでした・・。 チャンチャン。 (^_^;)

f0153101_23582980.jpg


・・という冗談はさておき、
やはりこの二人は、最強のバディ!!

もしも、「踊る」の旬くんが、
似たようなエリート・キレキレキャラだと、

「DOGS」続編の可能性は低くなってしまうのかもしれませんが、

それでもいつかまた、
この二人に会いたいです!

だって、このとんでもないラスト、 ↓
「キサラギ」のエンディングの、オタクダンスのように、

何度見ても、笑ってしまって、
でもすごく暖かくハッピーな気持ちになれる、

素敵なラストシーンでしたから!

f0153101_042385.jpg


出会いの頃に戻ったような、
相変わらずアメリカ〜ンな奏と、それをセーブしようとするマルオ。

ああ、このドラマは最後の最後まで、
ある意味ハッピーエンドの、コメディだったんだな〜って、

こんな二人を、いつまでも見ていたいな、って、
愛おしくて、心がホッコリして、幸せな気分にひたれました!!

・・そして、お粗末な感想文も、一応最終回まで終わりました。

今までおつきあいいただいた皆様、
暖かいコメントをくださった皆様、
本当にありがとうございました!! <(_ _)>

でも、これで終わりかとホッとされた方、甘いですよ〜!?

最初の頃はざっくりとしか感想書いてなかったし、

結末がわかってから見直すと、
リアルタイムではわからなかったツッコミも生まれてくるし、

またまた第一話から楽しめるかも!?

ネタがないときの楽しみに、とっておきますので、
これからも、どうぞ懲りずにおつきあいくださいね〜。 (^^)/
[PR]
Commented by らりるれろん at 2010-02-01 05:33 x
ラストシーンまでたどり着きましたね!
でも、空港シーンはもうちょっと補足がありそうな・・・
私は、再び歩き出しての「あれえ~」な奏のシーンが一番ツボで、なんども見ても笑います~

1話からの感想文いいですね~おつきあいさせていただきますので!
待ってます!
Commented by 益子さんのセリフ at 2010-02-01 10:01 x
「○○をうつされたの、忘れねーぞ!」
「海に落とされたの、忘れねーぞ!」
だったと思います。
Commented by konkon at 2010-02-01 14:58 x
こんにちわ~
「踊る」のキャスト発表も、今月には発表してくれるのでしょうか?
私としては、エリートでエキスパートでクールでキレキレの高倉奏は、DOGSだけのキャラでいて欲しいです。あのキャラは、マルオと奏がコンビになって輝くキャラだと・・・^^
今度の映画では(決定的な言い方ですが)ぜひ、まったく違うキャラでお願いしたい・・・
演じる役によって別人になる、それこそが小栗旬だと思うのです。

さて・・・第1話からの再感想文
また、新しいツボがあればよろしくお願いしますネッ(oゝД・)b
奏がマルオに初めてフラッグを立てた場面の妄想ストーリーもリクエストしま~す。
Commented by kobumama at 2010-02-01 16:47 x
はじめまして。
毎回、こちらでkamimamaさんの妄想劇場をとことん楽しませていただきました。(いつも読み逃げで失礼しています)
DOGSも楽しかったけど、奏君とゆきちゃんがなかなかうまくいかなかったりして、ちょっとストレスがたまりぎみだったので、ファン心理を掴んだ脚本に、本当に救われました。
DOGS続編では、是非脚本のコラボをお願いしたいところです。
この後、また再感想文、妄想劇場続編(何でしたらDOGSのSP版でも)を楽しみにしています。
Commented by ありす at 2010-02-02 00:08 x
終わってホッとするなんて☆そんな甘ちゃんじゃないですよ~
妄想劇場はしつこくリクエストしますし(笑)
カミママさんの妄想に乗っかって、色んなバージョンを楽しみたいんですもん☆(>_<)☆
タモリさんいわく、大人の遊び方の一番は妄想だそうです。
言葉にするとヘンに聞こえちゃいますけど。
確かに、誰にも迷惑かけない、お金もかからない遊びですよね

あ、私も益子さんのセリフ、海に落とされたの、忘れねーぞ、だと思います。確かに聞こえにくくて何回も巻き戻した記憶があります

ではまた、更新楽しみにしてます☆
Commented by 出会いをありがとう at 2010-02-02 16:29 x
素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
by harupyonri | 2010-01-31 23:12 | 小栗旬 | Comments(6)