ブログトップ

王様の耳はロバの耳

アドリブ満載 (追記あり) 最終回 * パート14

うちもそろそろ炊飯器を買い換えたいので、
どうせなら銘柄も書いてくれれば良かったんですが・・。 (^o^)

でも、旬くんが使う物と決まったわけでもないようなので、
沈静化するまでしばらくは、ウザい週刊誌群に近づかない方が良さそうですね。

それより知りたいのは、お仕事の様子。

関係者ブログから、確実に旬くんが参加したとわかるのは
12日と17日なんですが、

17日には「現場に血が流れた」らしいので、
ますます気になります!

まさか、あっさり殺されて(?)
退場するような役じゃあないですよね?? (T_T)

犯人なのか、本店なのか、支店なのか、
それだけでも教えて欲しいです〜。 (>_<)

で、当分新しい雑誌も出そうにないので、
Book offでこんなもの掘り出してきました。

f0153101_1719284.jpg


懐かしい第一話の現場レポが載っていた、Myojo 12月号。

奏が由岐にタコさんウインナーカレーを作ったあと、
堀川が入ってきて、流しにオエーッってする場面。

f0153101_1928490.jpg


リハーサルのたびに、旬くんは違うアドリブを繰り出したそうで、

「おい、シンク洗ったばかりだぞ。」
「すみませんですんだら、警察いらねーんだ。」
「頭に泡ついてるぞ。」・・・

もう、それ絶対メイキングに入れて欲しい!! (^o^)

脚本より、旬くんの方が絶対おもしろかったのでは!?

・・というわけで、またまた最終回に戻りま〜す。

f0153101_17251188.jpg


写真がピンボケですみませんが、
蹴り上げる脚の長さには、皆様、思わず見惚れたのでは!? (*^_^*)

さすが、バレエ経験者だけある、脚の上がり方。 

f0153101_17271556.jpg


そして、くんずほぐれつ・・
チラ見えの腰が、エロすぎるんだってば。 (>_<)

f0153101_1728584.jpg


倒れても倒れても立ち上がり、
クラブマガ(?)であっさりナイフをよける奏。

ターミネーターも演ってほしいくらい!? (^o^)

f0153101_1730321.jpg


相手に華麗な投げ技を決め、
手錠をかけた後の、この女の子座りがなぜがツボ。 (*^_^*)

f0153101_17322669.jpg


「由岐ちゃんがいなくなってる。」という電話を受けてるときの、
この座り込み方も、なぜか、しどけないんですよね〜。 (^o^)

きっと本当にアクションで疲れ切って、
演技というより、素の旬くんの動きが出ているからじゃあないでしょうか?

f0153101_1736186.jpg


独りで神野との約束の場所に向かった由岐を、
車で追う二人。

「(神野は)ずっとこの日を待ってたってことか。」というマルオに、
「俺もだ・・。」

という奏の、厳しい表情に心うたれます。

そして、クリスマスツリーのもとで、
神野と由岐の会話も胸を打ちました。

「神野さん、あなたは私を救ってくれた・・。

  ・・・

 でも今、私が一番大事な人が、あなたを追ってる。
 あなたはその人のこと、殺そうと思ってるんでしょう?

 そんなの耐えられない。 だから・・、だから」

f0153101_21301833.jpg


奏を守るために、
神野にナイフを向ける由岐・・

ただ、そこまでするほど奏を想っている由岐なら、
なぜあっさりと、奏を帰国させちゃうかなぁ。

奏にしても、由岐のことを「俺の大事なもの」と言っておきながら、
なぜまた、投げ飛ばしちゃうかなあ! (>_<)

・・というわけで、
性懲りもなく、妄想編です。

<追記>

f0153101_19334965.jpg


神野を逮捕し、怪我も癒えた奏。
早速の帰国命令に、由岐は動揺します。

由岐「奏・・。 本当にすぐNYに帰っちゃうの?」
奏 「ああ、任務だからな。」

由岐「・・そっか・・。 仕方、ないんだよね?」
奏 「・・・。」

由岐「マルオも合コンでいないし、あたし、荷造り手伝うね。」
けなげに荷物を箱に詰めるのを手伝う由岐。

けれど、全てが終わった安堵感と、
奏と離れなければならない寂しさとで、

いつのまにか眠りにおちて・・。

f0153101_19375964.jpg


奏 「おい、由岐、・・もういいから、自分の部屋で寝ろ。」
由岐「ZZZ・・」

奏 (・・俺だって、おまえと別れたくはない。
   初めてなんだ、誰かを愛おしいと思ったのは・・。)

f0153101_1948215.jpg


そっと片づけを続ける奏の気配に、
由岐はまた、目を覚まします。

由岐「奏、・・今夜、一晩この部屋で一緒にいてもいい?」
奏 「・・!?」

f0153101_19501166.jpg


奏 「かまわないが、徹夜で荷造りだぞ。
   出発は明日だからな。」
由岐「うん、わかってる。」

そして、夜は更けて・・。

f0153101_1952866.jpg


マルオ「たらいマルオ〜! あ〜、飲んだ飲んだ・・。
    んんっ!?
    せんせー、何で俺のベッドに寝てんだよっ!?」

奏  「大声を出すな!
    俺のベッドで、由岐が寝てしまったんだ。」

f0153101_20492732.jpg


マルオ「え・え・えぇ〜っ!?
    そ、そんな、もうそんな関係になってたなんて・・。

    せんせー、アンタ、カタブツだと思ってたのに、
    そんなに手が早かったのかよっ!」

奏  「・・・、ばか。 由岐には何もしていない。」

f0153101_20551812.jpg


マルオ「え!? 
    それも、女の子に恥かかせてるってことだろ!?

    アンタがそんなだから、
    由岐ちゃん哀しくって寝ちゃったんじゃろがい!」

奏  「また、じゃろがいって、何なんだ!?
    俺は結婚前に女に指一本触れたりしないぞ。」

マルオ「嘘つけ、さっきホントは見てたんだぞ。
    アンタがそっと、由岐ちゃんに口づけしてたの・・」

f0153101_2165821.jpg


奏  「!!!」
マルオ「この、むっつりスケベがぁ〜!!!」

・・というわけで、
きっと、最後の晩に、

由岐の知らない素敵な思い出を、
奏は作っていたと信じましょう。 (*^_^*)

まさか、マルオと秘密の思い出を作ったわけじゃ、ないよね!? (>_<)

そして、
何もしてくれなかったと思って寂しい由岐は、
空港でも敢えてあっさりと見送るフリをしてみせて、

ちょっぴり後ろめたい奏くんは、
思わず由岐を投げ飛ばして・・

それがあのラストシーンになった理由なんだと、
勝手に妄想していまーす。 (^^)/
[PR]
Commented by konkon at 2010-01-19 22:27 x
こんばんわ~☆
ウチの炊飯器は釜がボロボロになってきているので、それだけ買い換えたいなぁ~と・・・(笑)
まぁ・・・誰かへの贈り物って事もありますからねぇ

新しいお仕事情報、なかなかゲットできず毎日モヤモヤしています。早く、発表して欲しいのにね。

さてさて、妄想偏・・・2人の甘ーい関係!良いですよねぇ
奏のビターな感じと、由岐のミルクっぽいところがうまく混ぜ合わされて、程よいスゥイートさが・・・って、なんか自分で書いててよく分からなくなっちゃいました。(笑) 私は文章力がないので、カミママさんにはこれからも妄想編の続き、いっぱい書いて欲しいです。
Commented by みかん at 2010-01-19 22:33 x
きゃはは~!カミママさん、今日のも最高で~す!!
今日はいつにも増して、筆が楽しく進んでるようにみえましたが。
写真と台詞がもうほんとナイス過ぎです!!
奏ちゃん、ちゃんとキスできたんでしょうか?
あ~、見てみたかったです、まじで。

例の映画の件ですが、私は最初から犯人役希望なんです。
先週のANNでテリー・ギリアム監督がおっしゃってた、「キレ気味の殺人鬼なんだけどデリケートな面も持ち合わせている。人を殺すという行為に苦しむのだが、それをやめられなくて混乱している連続殺人鬼」。よくぞ言ってくださいました。これこそが、まさに私が例の映画の役柄として希望してたものなんです!林に知性と少々の甘さを加えたような殺人鬼希望です。
一体、どんな役で出演なんでしょうね?あの方の相棒だけはやめていただきたい。だって、私にとっては奏とマルオが最高のバディですから!!



Commented by ありす at 2010-01-20 00:43 x
こんばんゎ~
ひみつのチュ~☆いいですねっ!!
無防備に眠る由岐…
そっと布団をかけながら愛おしく見つめる奏…
読んで速攻妄想しちゃいましたよ~!!
手フェチの私としては、奏の手が(軽く閉じた手の甲側で)由岐の頬にそっと触れたりしてほしいです!!←カミママさんみたくうまく言えない(笑)
確かに…実はこんなひみチュの思い出があったのなら空港での一連も納得ですよね。
ホントに写真の使い方もうまいです。
いっそカミママさんプロデュースでDOGSリメイク版とか見てみたいと思いますもん。 もちラブ的要素満載で。 
また色んなパターンで妄想劇場お願いしますね☆彡
Commented by らりるれろん at 2010-01-20 10:32 x
昨夜拝見したときはまだ途中だったのね!
「じゃろがい」なんかも使っているし、
kamimamaさんの構成はすばらしいです。

本編のほうですが、ほんと蹴り上げた長い足・・・
すごすぎますよね。
友達がまるでルパン3世のように細ぃ足!といってましたが、
まさしく、アニメのような・・・・
人間離れしたプロポーションです。
by harupyonri | 2010-01-19 17:58 | 小栗旬 | Comments(4)